FavoriteLoadingお気に入りに追加

スターキングダム, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1674380 / CC BY SA 3.0

#1946年生_(競走馬)
#1967年没
#サラブレッド
#アイルランド生産の競走馬
#イギリス調教の競走馬
#オーストラリア供用種牡馬
#競馬殿堂
スターキングダム (Star Kingdom) は、アイルランド生まれの競走馬、種牡馬。
競走馬としては大レースに勝利することができなかったが、種牡馬としてオーストラリアで大きな成功を収めた。
スターキングダムは1946年にImpromptuの第2仔として誕生した。
1歳時にドンカスターで行われたセリ市に出品され、出版業者のW.ハーヴェイによって3100ギニーで落札された。
ハーヴェイは後のスターキングダムに「スターキング」という競走馬名をつけた。
スターキングは1947年4月8日に競走馬としてデビュー。
5月にかけて3連勝を飾った。
7月に出走した4戦目のナショナルプロデューズブリーダーズズテークスでは後に短距離戦線で大きな活躍を見せるアバーナントに接戦の末敗れたが、その後8月にかけてリッチモンドステークス、ジムクラックステークスと2連勝を飾り、翌年のクラシックに備えて休養に入った。
この年のイギリスの2歳フリーハンデではアバーナント(133ポンド)に次ぐ第2位(131ポンド)に格付けされた。
1948年4月上旬にレースに復帰し、グリーナムステークスを勝利。
同月下旬の2000ギニーではアバーナントに次ぐ2番人気に支持されたが10着に敗れた(アバーナントは2着、優勝馬はニンバス)。
その後6月にジャージーステークスを優勝し、7月のジュライカップでアバーナントとの3度目の対戦に臨んだが11馬身離された3着に敗れた。
ハーヴェイはジュライカップ出走後、8月にハンガーフォードステークスに優勝したスターキングを引退させ種牡馬にしようと考えたが、C.レイから購入の申し出を受けて売却した。
C.レイの下、スターキングは1949年も競走生活を送り、5月に出走したシーズン初戦に優勝した。
しかしその後は4戦したものの勝利を挙げることができず、S.ウートンに売却された。
ウートンはスターキングを引退させ、生まれ故郷であるオーストラリアで種牡馬として供用することにした。
スターキングはオーストラリアへ輸入された後、同国に同名の現役競走馬がいたことから、当時の規則に従って「スターキングダム」と改名された。
スターキングダムの産駒は短距離戦を中心にオーストラリアで優秀な成績を収め、1958/1959年シーズンから4シーズン連続で、さらに1964/1965年シーズンにリーディングサイアーとなった。
産駒は特に2歳戦で活躍し、1954/1955年シーズンから6シーズン連続で2歳リーディングサイアーとなり、また、産駒は1957年から1961年にかけて5年連続でゴールデンスリッパーステークスを優勝した。
スターキングダムはブルードメアサイアーとしても能力を発揮し、1967/1968年シリーズから3シーズン連続でリーディングブルードメアサイアーとなった。

https://anime.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/02/unnamed-file-746.jpghttps://anime.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/02/unnamed-file-746-225x127.jpgtsutomuキングダムスターキングダム, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1674380 / CC BY SA 3.0 #1946年生_(競走馬) #1967年没 #サラブレッド #アイルランド生産の競走馬 #イギリス調教の競走馬 #オーストラリア供用種牡馬 #競馬殿堂 スターキングダム (Star Kingdom) は、アイルランド生まれの競走馬、種牡馬。 競走馬としては大レースに勝利することができなかったが、種牡馬としてオーストラリアで大きな成功を収めた。 スターキングダムは1946年にImpromptuの第2仔として誕生した。 1歳時にドンカスターで行われたセリ市に出品され、出版業者のW.ハーヴェイによって3100ギニーで落札された。 ハーヴェイは後のスターキングダムに「スターキング」という競走馬名をつけた。 スターキングは1947年4月8日に競走馬としてデビュー。 5月にかけて3連勝を飾った。 7月に出走した4戦目のナショナルプロデューズブリーダーズズテークスでは後に短距離戦線で大きな活躍を見せるアバーナントに接戦の末敗れたが、その後8月にかけてリッチモンドステークス、ジムクラックステークスと2連勝を飾り、翌年のクラシックに備えて休養に入った。 この年のイギリスの2歳フリーハンデではアバーナント(133ポンド)に次ぐ第2位(131ポンド)に格付けされた。 1948年4月上旬にレースに復帰し、グリーナムステークスを勝利。 同月下旬の2000ギニーではアバーナントに次ぐ2番人気に支持されたが10着に敗れた(アバーナントは2着、優勝馬はニンバス)。 その後6月にジャージーステークスを優勝し、7月のジュライカップでアバーナントとの3度目の対戦に臨んだが11馬身離された3着に敗れた。 ハーヴェイはジュライカップ出走後、8月にハンガーフォードステークスに優勝したスターキングを引退させ種牡馬にしようと考えたが、C.レイから購入の申し出を受けて売却した。 C.レイの下、スターキングは1949年も競走生活を送り、5月に出走したシーズン初戦に優勝した。 しかしその後は4戦したものの勝利を挙げることができず、S.ウートンに売却された。 ウートンはスターキングを引退させ、生まれ故郷であるオーストラリアで種牡馬として供用することにした。 スターキングはオーストラリアへ輸入された後、同国に同名の現役競走馬がいたことから、当時の規則に従って「スターキングダム」と改名された。 スターキングダムの産駒は短距離戦を中心にオーストラリアで優秀な成績を収め、1958/1959年シーズンから4シーズン連続で、さらに1964/1965年シーズンにリーディングサイアーとなった。 産駒は特に2歳戦で活躍し、1954/1955年シーズンから6シーズン連続で2歳リーディングサイアーとなり、また、産駒は1957年から1961年にかけて5年連続でゴールデンスリッパーステークスを優勝した。 スターキングダムはブルードメアサイアーとしても能力を発揮し、1967/1968年シリーズから3シーズン連続でリーディングブルードメアサイアーとなった。アニメ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。