FavoriteLoadingお気に入りに追加

最新ネタバレ『キングダム』675-676話!考察!玉鳳隊影丘攻め開始!対し扈輒軍15万が桓騎軍に迫る!

Thank’s for watching!
Help me us 10000 + subscribe!!!
Subscribe now:https://www.youtube.com/user/1999pipa/videos

↵[Description-300]

それでは『キングダム』675話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください

「影丘」前線の玉鳳隊。

目の前には先に左翼として戦いボロボロになった兵たちがそこかしこで呻きをあげていました。

「こんな場所を攻めるからだ」と関常が言うように、さすがの玉鳳隊も攻略には消極的。

番陽も「桓騎将軍に伝令を…」と進言しています。

そこに桓騎軍の摩論がやってきました。

摩論は、玉鳳隊には左翼の中心となり影丘を抜いてもらいたいのだと言います。

それに対し、この地はムダな死人を出すだけであり、

左翼は迂回して中央軍に合流して戦うべきだと伝える関常。

しかしそうやって勝ち続けてきたのが桓騎という男。

「あなた方の理解など求めていません。さっさ従いなさい。

これは“六大将軍”の命令です」と摩論は聞く耳を持ちませんでした。

影丘を抜くことの戦略的意味…それは突破した左翼が敵の裏に回り、

中央・右翼の戦場に援軍に行けるようになること。

それは一気に全軍の勝利に繋がるものであり、

摩論も「即ち我々はこの前線を突破し目的の平陽に到達します」と返します。

理解してはいても、玉鳳隊だけでは突破は難しいと考えられるので、

王賁は中央から隊を少し回すよう摩論に伝えました。

「しかも、お前たち桓騎兵をだ」

厳しい表情で言い渡す王賁。

どうやらこの影丘で戦わされている左翼はほぼ他から集められた部隊だったようです

それに対し摩論は「たまたま」だと反論。

そして「それに“差別”をしているのはあなたの方ですよ」と返しました

これが桓騎ではなく王翦だったら文句を言わず従ったのでは?と。

痛いところを突く摩論は「我々が平陽まで辿り着けるか着けないかの“

責任”はあなた方にかかっていると思っていますからねェ」とニヤつきました。

しかも趙軍は王翦軍と桓騎軍に戦力を集中しており、飛信隊は放置されている状態。

かといってここが趙の防衛線の中枢である以上、この人数で迂闊に押し込むことも出来ません。

一向にどちらの隊からも声がかからない状況に皆ヤキモキしていますが、

王翦から「この場で待機」という命令が来ていることもありひとまず我慢して待機です。

そこに“玉鳳隊が影丘の主力となって戦うことになるだろう”知らせが届き、信たちは彼らの行く末を案じます。

玉鳳隊は影丘攻めを受ける覚悟を決めたようです。

「本当にやるのか!?」とその覚悟を王賁に問う関常。

一度始めたらもう止められないですし、多数出るであろう犠牲がムダにもなりかねません。

すると「この世にムダな犠牲のない戦などあるのか?」といつもの調子で「ギギ」と笑う亜花錦。

さらりと深いことを言いますね。

王賁はまっすぐ戦場を見据え答えました。

玉鳳隊の動きは桓騎軍本陣にも伝わりました。

玉鳳隊を厳しく動かしたものの、いかに玉鳳隊でも影丘は抜けないだろうと摩論は思っていました。

すると桓騎はただ「かもな」と一言。

摩論の不安は、楊端和軍や王翦軍に比べ桓騎軍が深く侵攻してしまっていることにあります。

出過ぎた桓騎軍に対し趙軍の兵力が分厚くなってきており、

ここで左翼が消滅したら桓騎軍が危なくなると思うからです。

なので全体で一度少し後退してはどうかと進言しますが、やはり桓騎は「かもな」と言います。

それどころか、桓騎は摩論に中央軍と左翼に伝達を申し付けました。

https://anime.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/04/675-67615.jpghttps://anime.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/04/675-67615-200x150.jpgtsutomuキングダム最新ネタバレ『キングダム』675-676話!考察!玉鳳隊影丘攻め開始!対し扈輒軍15万が桓騎軍に迫る! Thank's for watching! Help me us 10000 + subscribe!!! Subscribe now:https://www.youtube.com/user/1999pipa/videos ↵ それでは『キングダム』675話!の要点をまとめてみます。 時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください 「影丘」前線の玉鳳隊。 目の前には先に左翼として戦いボロボロになった兵たちがそこかしこで呻きをあげていました。 「こんな場所を攻めるからだ」と関常が言うように、さすがの玉鳳隊も攻略には消極的。 番陽も「桓騎将軍に伝令を…」と進言しています。 そこに桓騎軍の摩論がやってきました。 摩論は、玉鳳隊には左翼の中心となり影丘を抜いてもらいたいのだと言います。 それに対し、この地はムダな死人を出すだけであり、 左翼は迂回して中央軍に合流して戦うべきだと伝える関常。 しかしそうやって勝ち続けてきたのが桓騎という男。 「あなた方の理解など求めていません。さっさ従いなさい。 これは“六大将軍”の命令です」と摩論は聞く耳を持ちませんでした。 影丘を抜くことの戦略的意味…それは突破した左翼が敵の裏に回り、 中央・右翼の戦場に援軍に行けるようになること。 それは一気に全軍の勝利に繋がるものであり、 摩論も「即ち我々はこの前線を突破し目的の平陽に到達します」と返します。 理解してはいても、玉鳳隊だけでは突破は難しいと考えられるので、 王賁は中央から隊を少し回すよう摩論に伝えました。 「しかも、お前たち桓騎兵をだ」 厳しい表情で言い渡す王賁。 どうやらこの影丘で戦わされている左翼はほぼ他から集められた部隊だったようです それに対し摩論は「たまたま」だと反論。 そして「それに“差別”をしているのはあなたの方ですよ」と返しました これが桓騎ではなく王翦だったら文句を言わず従ったのでは?と。 痛いところを突く摩論は「我々が平陽まで辿り着けるか着けないかの“ 責任”はあなた方にかかっていると思っていますからねェ」とニヤつきました。 しかも趙軍は王翦軍と桓騎軍に戦力を集中しており、飛信隊は放置されている状態。 かといってここが趙の防衛線の中枢である以上、この人数で迂闊に押し込むことも出来ません。 一向にどちらの隊からも声がかからない状況に皆ヤキモキしていますが、 王翦から「この場で待機」という命令が来ていることもありひとまず我慢して待機です。 そこに“玉鳳隊が影丘の主力となって戦うことになるだろう”知らせが届き、信たちは彼らの行く末を案じます。 玉鳳隊は影丘攻めを受ける覚悟を決めたようです。 「本当にやるのか!?」とその覚悟を王賁に問う関常。 一度始めたらもう止められないですし、多数出るであろう犠牲がムダにもなりかねません。 すると「この世にムダな犠牲のない戦などあるのか?」といつもの調子で「ギギ」と笑う亜花錦。 さらりと深いことを言いますね。 王賁はまっすぐ戦場を見据え答えました。 玉鳳隊の動きは桓騎軍本陣にも伝わりました。 玉鳳隊を厳しく動かしたものの、いかに玉鳳隊でも影丘は抜けないだろうと摩論は思っていました。 すると桓騎はただ「かもな」と一言。 摩論の不安は、楊端和軍や王翦軍に比べ桓騎軍が深く侵攻してしまっていることにあります。 出過ぎた桓騎軍に対し趙軍の兵力が分厚くなってきており、 ここで左翼が消滅したら桓騎軍が危なくなると思うからです。 なので全体で一度少し後退してはどうかと進言しますが、やはり桓騎は「かもな」と言います。 それどころか、桓騎は摩論に中央軍と左翼に伝達を申し付けました。アニメ動画をわかりやすくをまとめた国内最大級のサイトです。